タント バン仕様に変更【車のことならエグザスコーポレーション】

2018/10/11
タント

久しぶりの更新です。

弊社在庫のタントをご購入いただいたお客様からのご依頼です。

営業ナンバーにするので、バン仕様に構造変更をしてほしいとの事。

大変!かと思いきや、基本はリアシートを外して荷室スペースを確保すること、ボルト穴を埋めることなど、そんなに難しいミッションではなさそうです。

 

では早速、リアシートを外します☆ 

 

L350Sのタントはリアシートが2段階で収納するタイプで、シートの後ろ側がフックで引っかかっているもの。そちら側はレバーを引き、フックを外せばOKで、前側はボルトで左右合計3箇所止まっているだけでとても簡単です。

ちなみに外さなくてもフラットになるんですが、陸運局で確認したら外してきてくださいと言われました。 固定すればよいのかと思っていましたがそうではないみたいですね。 

でもハイゼットカーゴやエブリなどのバンは同じようにリアシートを折りたたんでフラットにするのに、なぜなんだろう??? 分かる方いらっしゃったら教えてください(笑)

 

構造変更なので、変更時車検も通すわけですので、先に点検に持っていきます。 

変更時は、積載量も決めるので、ガソリン、ウォッシャー液を満タンにするのが望ましいそうです☆ 

おのずとガソリン満タン納車になりますね!昔はガソリン満タン納車なんてサービスもする店もありましたが、それはリッター90円だったころの話・・・ 今はなかなか出来ませんね(~_~;)